タバコがさまざまな危険を与える!肺などの呼吸器を犯すタバコ病!

生活習慣病の症状、予防方法、治療方法、データを知り、生活習慣病と向き合いましょう!
    

タバコ病という生活習慣病について

タバコが影響して罹患する病気にはいろいろありますが、それらをひっくるめて、タバコ病と呼ばれることがあります。喫煙が影響していると考えられる病気としては、真っ先に肺がんを思い浮かべる人が多いと思います。その肺がんもタバコ病のひとつです。肺がんはタバコ病の中で最も恐ろしい病気ということになるでしょう。

他にも、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、慢性気管支喘息など、肺や呼吸器系疾患の多くが、タバコが原因となって発症するタバコ病であるといえます。

今回は、タバコ病というテーマでいろいろな角度からお話していきたいと思います。

タバコ病の範囲とその考え方について

タバコ病には明確な基準となる症状や、健康診断、血液検査で示される数値の設定があるわけではありません。ただ、明確になっているファクターもいくつかあります。

タバコ病は、上記のように喫煙が直接的な原因になっていることがほぼ明らかになっている病気だけにとどまりません。上記の重篤な生活習慣病(タバコ病)以外にも、高血圧(症)、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、喉頭がん、咽頭がん、舌がん、口腔がん、膀胱がん、食道がん、胃がん、すい臓がん、歯周病・・・という具合に、総合的な医学のシーンで語られる、いわゆる生活習慣病の多くが、タバコ病に類することがありうるということになるのです。

つまり、喫煙者が一見ふつうの生活習慣病を発症し、その発症にタバコとの因果関係が少しでも認められるなら、その時点で発症した生活習慣病はタバコ病という別名を同時に背負うことになることが多い印象を受けます。とにかくタバコは悪という風潮があることも多少影響している印象もありますが、これがタバコ病に関して明確になっているファクターです。

間接的なタバコの害とその真実のゆくえについて

近年、タバコの副流煙の問題がいろいろ取りざたされています。副流煙の問題は、近年どころかずっと昔から言われているのではないか・・・と思い当たる人はたくさんいると思います。

ただ、残念ながら事実が捻じ曲げられて伝えられている可能性がある以上は、やはり問題提起しなければならないということで、タバコ病というテーマを取り上げているこのタイミングで、ちょっとお話しておきたいと思います。

受動喫煙の害について

喫煙者の喫煙に対し、非喫煙者が喫煙者の副流煙によって害がおよぶということが昔から言われています。非喫煙者が喫煙者の発する副流煙を吸いこむなどの影響を受けることを、受動喫煙(または間接喫煙)と呼びます。つまり、昔から受動喫煙による害が非喫煙者に対して及ぶと考えられてきました。このことは事実です。したがって、喫煙者は非喫煙者に対して最低限の配慮をしなければなりません。これは、喫煙者にとって絶対に必要な常識であり、マナーであり、エチケットであるといわなければなりません。

アカの他人からいきなり殴られれば、誰だって腹を立てます。要するに、自分に非がないのに他者から害を与えられれば、当然不快な思いをすることになります。繰り返しますが、喫煙者は非喫煙者に対して害を与える可能性があります。ですから、喫煙者である以上、絶対に非喫煙者に対して害を与えるべきではありません。最低限のマナーとして、公共的な場所での喫煙の際には、ノンスモーカーに対して自身が発する副流煙の影響が及ばない場所で喫煙することが絶対条件になります。

受動喫煙に関する誤解

上記のマナーや常識を意識して喫煙することは非常に重要ですし、受動喫煙によって何らかの害を被るという話も事実ですので、喫煙者はいつでも他者に害を与えてしまう可能性があることを意識しておくことは非常に重要です。ただ、受動喫煙に関する事実がかなり捻じ曲げられている部分もあります。ですから、その部分だけは再確認しておきたいと思います。

おそらく小中学、あるいは高校くらいでも、いわゆる禁煙学習のような教育・学習を受けるという経験をした人は多いと思います。それ自体は非常に素晴らしいことだと思いますし、喫煙をしていない学生に対して、タバコの害を伝えること自体には、問題などまったくありません。まずは、そのことについて誤解されないようにお願いいたします。

その学校で実際に話を聞いているわけではありませんので、禁煙学習なるものの内容を肯定も否定もできないのですが、ひとつ気になることは、禁煙学習にまつわる以下の内容についてです。

喫煙者が喫煙する主流煙にくらべて、喫煙者が喫煙しない副流煙による第三者が受ける害毒のほうが大きい

この部分については、非常に大きな問題があるといわなければなりません。というのも、喫煙者にとっての主流煙の害よりも、その副流煙による第三者への害のほうが大きくなるという事実は、ほぼ認められていないからです。この部分については、完全に誤解であるといえます。

結論を言えば、主流煙にくらべて副流煙のほうが毒性は強いというところまでが事実です。もしも喫煙者が主流煙を喫煙する要領で、非喫煙者が副流煙を(ラットをつかった実験のように)吸いこむようなことがあれば、非喫煙者のほうが大きな害を受ける可能性が高まるということも事実です。ただ、常識的な距離感(たとえば家族や友人などの距離感)で、受動喫煙が行われたとしても、喫煙者よりも強い害を受けるという事実は、一般的にはありません。

ですから、あくまでも常識的な距離感で受動喫煙をして、上記に示したようなタバコ病が喫煙者本人よりも顕著に表れる可能性は極めて低いということがいえます。もちろん、受動喫煙者の体質などにも影響されるところはありますが。そうは言っても、受動喫煙による実害がゼロではない限り、喫煙者が非喫煙者に対して配慮を怠るべきではないということだけは間違いありません。しつこいようですが、喫煙者にはこの点だけ十分留意していただきたいものです。

タバコ病の予防方法と治療方法

タバコ病の予防や治療のためには、禁煙が必要になります。そんなことはあたり前ではないかとみなさんが思うはずですが、実際はそこまで簡単な問題ではありません。タバコ病の予防や治療に関しては、少々複雑なところがあるのです。

というのも、タバコ病を云々する以上に、喫煙者にとってタバコを断ち切る難しさは、非喫煙者が考えるほど簡単なことではないからです。喫煙を断ち切るということ自体が、まずは非常に大きな問題であり、これがタバコ病からの脱却のための最難関であるとも言えます。

しかし、禁煙しない以上、タバコ病からの脱却はありえません。喫煙者であり続ける以上は、いつまでもタバコ病に罹患するリスクがあり続けると解釈する必要があるのです。ということは、タバコ病を予防するためには、場合によっては禁煙のための何らかの対策を講じる必要がある、ということにもなります。

喫煙の予防、禁煙の方法

まずは、喫煙の予防です。喫煙は、喫煙者本人にとってももちろんですが、非喫煙者にとっても重大な問題となります。ですから喫煙自体を予防するという発想も重要になってきます。喫煙の予防方法は、どんなことがあってもタバコを吸わないということ、これだけ守ることができれば達成されます。

ただし、1本だけ・・・という軽い気持ちで吸ってしまったその1本のおかげで、将来ご自身がタバコ病を発症したり、あるいは受動喫煙によって誰かが何らかの害を受けたりするリスクが高まるということを、しっかりと理解しておくことが重要です。

そして最難関の禁煙の方法ですが、これについては、1冊の分厚い本にできてしまうくらいたくさんの方法があるので、残念ながら簡単に説明できるものではありません。

ただ、ひとつの傾向として、中毒性の高いニコチンが体内から抜けるのにかかる時間は、最後に喫煙してから5日間(3日とする説もあります)といわれていますので、最も手っ取り早い方法は、その3日間なり5日間なりをガマンしどおすという荒療治が思い浮かびます。ただ、この方法で禁煙できるのであれば、おそらくほとんどの人が禁煙に成功しているはずです。しかし実際のところ、この3日間なり5日間の苦しみというのは、想像を絶するものがあるといえるのでしょう。

その他にも、たとえば禁煙グッズ(タバコの疑似品や禁煙ガム、禁煙パッチなど)を利用する方法や、禁煙外来で禁煙治療を行うという方法が一般的であるといえるでしょう。ですから、どうしても禁煙できないという人は、そういった何かに頼るという考え方も重要になってきます。

ただ、禁煙が難しい理由には、確かにニコチンの依存性、中毒性が大きな部分を占めるのですが、それ以外にも、小さからぬ部分を占めるのは、いわゆる喫煙習慣です。つまり、ニコチン云々の問題ではなく、指の間にタバコを挟んで火をつけ、これを口に運ぶという習慣自体が、ニコチンの依存性と融合して禁煙することを難しくさせているところも大きかったりします。

この部分をどう解消するのかという方法については、正直ガマン以外なかなか難しいのではないかという印象があります。禁煙パイプや電子タバコなどの代用品によって禁煙がより難しくなってしまうとする説は、この喫煙習慣を解消することにはまったくなっていないと考えられる部分があるからです。

これだけいろいろな禁煙方法が紹介されているという事実が、禁煙することの難しさを如実に物語っているという気もしなくはありませんが、やはりタバコ病のおそろしさを考えると、一時的な苦しみを何とか乗り越えて、何としてでも禁煙成功という当面の目標を達成していただきたいという気持ちは非常に強いです。

ということで、今回はタバコ病に関していろいろお話してきましたが、最大のポイントは、タバコ病のおそろしさをいかに深く理解することができるかというところにあるといえるでしょう。なぜなら、ほんとうに深くタバコ病のおそろしさを理解できれば、苦しい禁煙へのチャレンジへのモチベーションとなるはずだからです。

Top