脳梗塞は死亡原因が日本で上位のとてもおそろしい生活習慣病!

生活習慣病の症状、予防方法、治療方法、データを知り、生活習慣病と向き合いましょう!
    

脳梗塞は命にかかわる生活習慣病の代表格

脳梗塞の怖さは、発症と同時にきわめて大きな生命の危険が及ぶところにあります。また、仮に生命の危機を脱したとしても、その後の生活に支障をきたす障害が残ってしまうことがあるのも、脳梗塞の怖さであるといえます。しかも、日本における死亡原因第4位という発症死亡率の高さも、日本人にとっては脅威のデータとなっています。

脳梗塞は、脳の主要な血管に梗塞(閉塞や狭窄)が起こる病気です。脳梗塞よりも死亡率が高い心筋梗塞も、血管の梗塞が起こる病気ですが、脳の場合、血管の数があまりにも多すぎるため、予防の面でも治療の面でも厄介な病気であるといえます。

今回は、非常に怖い脳梗塞について、その怖さの根拠や予防、治療などの方法について探っていきたいと思います。

脳梗塞の病態について

脳の主要な血管に梗塞が起こると、脳の各器官に必要な血液が供給されなくなり、各器官の細胞が酸欠状態に陥ります。それにより、酸素を供給されなかった細胞は次第に壊死していきます。一定の数の細胞が壊死することにより、脳が正常な機能を果たせなくなった状態の症状を、脳梗塞と呼びます。

脳細胞の壊死が起こっているエリアが広いと、身体の各器官への脳からの指令が発せられなくなります。結果的に身体の正常な機能を維持できなくなり、やがて死に至るのが、重度の脳梗塞の特徴です。また、かろうじて一命をとりとめたとしても、壊死が深刻な状態に陥ることで、脳が元通りの機能を果たせなくなります。これによって、後遺症が残ることになります。

ですから、脳梗塞は、死、後遺障害といった厳しい現実を突きつけられるリスクが高い、非常に怖い病気であるといえるのです。

脳梗塞の原因

脳梗塞の最も有力な原因が、動脈硬化です。動脈硬化は、最も典型的な生活習慣病の一種です。したがって、動脈硬化が原因になるケースが多い脳梗塞も、生活習慣病の一種であると考えられています。しかし、動脈硬化を発症していないにもかかわらず、脳梗塞を発症するケースもあります。そのどちらのパターンについても原因を考察します。

動脈硬化が原因となる脳梗塞

脳の血管に起こる動脈硬化によって脳の血流が弱まり、血液の凝結作用によって脳の血管内に血栓ができる症状を、脳血栓症と呼びます。かつては脳血栓症と脳梗塞とは別扱いでしたが、近年では、特殊なタイプの脳血栓症以外の脳血栓症は、脳梗塞とひとくくりにされるようになってきています。

心疾患によって引き起こされる脳梗塞

脳梗塞の中には、心疾患によって発症するタイプの症状もあります。脳と心臓に直接的な関係があるというわけではありません。ただ、脳梗塞の場合、例外的に心疾患の影響を受けやすい脳疾患であるといえるのです。

この場合、脳の血管内で動脈硬化が起こるのではなく、心臓で動脈硬化が起こる影響が脳に波及します。心臓で脳梗塞が起こると、脳と同じように塞栓がつくられます。これが血流に圧されてはずれ、血液の流れに乗って脳内に達します。脳の細い血管内に心臓でできた塞栓が入ろうとすると、当然血栓のような状態が起こり、血流が遮断されます。この症状を特に、脳塞栓症と呼びます。

ですから、ひと昔前までは、脳梗塞は脳血栓症と脳塞栓症に分けられることが多かったのです。しかし今は、ほとんど脳梗塞でひとくくりにくくられることになります。

脳塞栓症は、心房細動を持病に持つ患者さんに多く見られる症状です。該当する患者さんは、心房細動の治療を行うと同時に、脳梗塞(脳塞栓)の検査もしっかり行っていただきたいと思います。

脳梗塞の予防方法と治療方法

それでは、ここからは、死亡原因の上位である脳梗塞の予防方法や治療方法についてお話していきたいと思います。特に、生活習慣病の一種であるとも考えられrタイプの脳梗塞がありますので、そのあたりはしっかりと予防する必要があるはずですから、今回の内容をよく理解していただき、しっかりと予防していただきたいと思います。

脳梗塞の予防方法について

血液は非常に凝結作用が高いというお話を前のところでしてきましたが、脳のように、非常に細い血管では、ちょっと動脈硬化の影響を受けることで、脳血栓ができやすくなります。とすると、少しでも脳血栓を起こさないようにすることが、脳梗塞の予防になると考えることができます。では、そのためにはどうしたらよいかということになるわけですが、まずは、できるだけ血液を凝固させない性質にするとう方法が考えられます。

その代表的な方法であるのが、血液をサラサラにするということです。血液をサラサラにする方法はいろいろ考えられますが、最もポピュラーで、時間もお金もかからない方法が、できるだけ水分を豊富に摂取するという方法になります。普段から意識して水分を摂取するようにすることで、ある程度脳梗塞の予防が可能になります。

そして、脳梗塞の治療にも直接的につながってくるのが、動脈硬化の解消ということになります。動脈硬化は、高血圧や脂質異常症(高脂血症)が原因となる、生活習慣病の典型的症状であるといえます。食生活においては、できるだけ塩分を控えることが重要ですし、また、飲酒や喫煙はできるだけ控えるなど、生活習慣の改善が必要になると考えるべきでしょう。

脳梗塞の治療方法について

動脈硬化による脳血栓や、不整脈・心房細動による脳塞栓が脳梗塞の原因としては有力である場合が多いため、やはり脳梗塞の治療という意味で特に重要なことは、前者でいえば、動脈硬化をしっかりと治療すること、そして後者でいえば、やはり心臓のケアをしっかりと行うということが非常に重要であるということになります。まあこのあたりも、特に動脈硬化の改善に関しては、生活習慣病を改善するという意識が重要ですから、まずは生活習慣を見直していただきたいという気持ち強いです。

そして脳梗塞の場合、最も重要なことは、万一脳梗塞の発作が起こってしまったときにどう対処するかです。当然緊急を要する対処が必要になります。

具体的に言うならば、脳梗塞の場合、発作が発症してからは、脳細胞の壊死のスピードは非常に速いですから、とにかく素早い救急車の手配が必要になります。脳梗塞の発作は、一刻を争う発作ですから、まずは初動が重要です。1秒でも早く、医療機関の治療を受ける必要があるといえます。

脳梗塞の患者さんとリハビリについて

脳梗塞を発症しても、スピーディーな対応ができると、良く言われる、奇跡的に一命をとりとめた、といった、いわゆる不幸中の幸いという結果を得ることもあります。ただ、脳梗塞の場合、後遺症が残ってしまうことが多く、これを少しでも取り除くために、厳しいリハビリが行われることが多いです。

リハビリに関しては、脳梗塞の後遺症の状況によってその内容が異なることになりますが、一般的には、麻痺が残った身体的なリハビリと、言語に関するリハビリとに分かれることになります。リハビリをはじめたら、あせらず、じっくりと、少しずつでも改善していくという気持ちで、辛抱強くがんばっていただきたいと思います。

脳梗塞は命にかかわる生活習慣病であるといえますので、発症する前に生活習慣をしっかりと見直してみて、改善の必要があると感じたら、すぐにでも改善していただきたいと思います。

Top