理想的な1日を送るため、理想的な睡眠時間で、質の良い眠りを!

生活習慣病の症状、予防方法、治療方法、データを知り、生活習慣病と向き合いましょう!
    

睡眠時間の理想について

理想的な睡眠時間は何時間か・・・そう質問すると、返ってくる答えは意外とマチマチです。8時間と答える人もいれば、7時間や6時間などと答える人もいます。年齢によっても多少異なると思われますが、それにしても、私たちの健康や生活の基底部にあるはずの睡眠に関するデータにしては、いささか心もとないところがあるというのが実際のところでしょう。

しかも最近では、睡眠で重要なのは睡眠時間ではなく眠りの質だ、などと説明される機会もひと昔前にくらべて俄然増えてきているという印象があります。確かに忙しい現代人にとって、文字通り寝る間を惜しんで何かをする機会は多いと思いますが、それにしても、質さえよければ時間は問わないというスタンスで眠りを解釈するのはあまりにも危険であるといわなければなりません。

そこで今回は、今はやりの眠りの質ではなく、あえて睡眠時間にこだわってお話していきたいと思います。

平均睡眠時間の現状

まずは、日本人がどのくらい睡眠不足なのか、あるいは睡眠時間は十分足りているのかということについて注目してみたいと思います。日本人の平均睡眠時間は7.8時間であるというデータが、ある調査機関から紹介されました。これは、世界の国々の中で2番目に短い睡眠時間ということになります。

日本人というと、その事実関係はともかく、昔から勤勉であるとウワサされる人種でしたが、睡眠時間という観点だけからは、まさにそういった国民性がにじみ出ている調査結果となっている印象です。ちなみに最も睡眠時間が短かったのが、同じアジアでお隣の韓国でした。日本以上にインターネット社会が浸透している韓国だけに、こちらもインターネットと睡眠時間の関係を示唆する結果となった印象があります。

実際に理想となる睡眠時間はどうなのか

理想とされる睡眠時間は、男性で7.8時間、女性で7.6時間であるという研究結果が、フィンランドのある研究機関から発表されました。この睡眠時間に関する研究は、あくまでも睡眠時間と会社の病欠率という、やや短絡的な着眼点における研究でしたので、睡眠時間と健康寿命などとの明確な関連性は依然わかっていないというのが実際のところです。

睡眠時間が6時間未満の人や、逆に9時間を超えて寝てしまう人の場合、病欠率が上昇するというデータを基に理想睡眠時間を導きだしたようです。加えて、睡眠導入の質や目覚めの質も病欠率の上昇につながるという研究結果も同時に発表されています。

ただしこのあたりは、フィンランドというかなり寒冷な土地での研究であること、食生活やそもそも生活様式自体が私たち日本人とは根本的に異なることなどの理由から、日本人の理想の睡眠時間にそのまま当てはめてしまうのはやや危険であるという印象も正直あります。

睡眠不足による脳の萎縮

睡眠時間が短い生活が継続されることで、脳の委縮が起こる可能性が指摘されています。これはアメリカのある研究機関によって発表された研究結果です。睡眠時間が短い生活が継続されることによって、記憶、問題解決、推論や計画性といった機能を担う部分の脳が委縮するというところまで、その研究では解明されています。

つまり、記憶力の低下や脳容積減少の原因が、継続的な睡眠時間の不足によるものであると考えられるという研究成果として、上記の結果が説明されることになります。これはかなり踏み込んだ解釈であるという気もしますが、しかしかなり信頼できる研究機関の発表なので、これが事実だとすると、継続的な睡眠時間はとても怖いということが結論づけられます。

ただし、一定期間の睡眠時間不足によって上記の脳萎縮が起こったとしても、再びしっかりと睡眠時間をとる生活を取り戻すことで、脳萎縮が改善されるという研究結果も出ています。もちろんそこには年齢や病気の有無などの条件が付加されることになると思われますが、ただ、このことからいくつかの睡眠時間に関する重要なポイントが浮上することになります。

ポイント1

睡眠時間が短い人は、脳萎縮などのトラブルを避けるために、できるだけ早い段階で生活習慣を改善し、睡眠時間をしっかりとる生活サイクルを身に着ける必要があります。また、睡眠時間が短くならないような努力を今すぐにでもはじめる必要があります。

ポイント2

睡眠障害などの睡眠トラブルがある人は、医療機関で治療をするなどの対処をほどこし、すぐにでも睡眠時間をとることを考える必要があります。睡眠時間が少ない背景にはいろいろ理由があると思いますが、理由にかかわらず、睡眠時間が不足することで脳萎縮などの弊害が及ぶリスクは極めて大きいといえます。そういうリスクを回避するためにも、医療機関で治療をすることが重要です。

睡眠は私たちの健康や生活の基盤になります。基盤が崩れれば、いろいろな問題をきたすことになるのは、どんなことでも同じです。睡眠に関するトラブルは特に私たちの健康にかかわる問題ですから、より慎重に対策を講じるべきです。

Top