加齢による歯周病には要注意!年齢とともに口腔ケアを考えよう!

生活習慣病の症状、予防方法、治療方法、データを知り、生活習慣病と向き合いましょう!
    

年齢が進むと歯周病の発症リスクは高まる!

年齢が進むと、歯周病の発症リスクが高まる傾向が明らかになっています。歯周病は、口内細菌が歯周ポケットから入り込んでしまい、そこで細菌が増殖することで、歯周ポケットの内部や周辺の細胞組織が炎症、破壊を起こす生活習慣病です。

もちろん若いうちには歯周病が起こらないというわけではありません。ただ、傾向としては、若いうちよりも年齢を重ねてからのほうが歯周病を発症しやすいということが、統計データからわかります。それではなぜ若い人にくらべて年齢を重ねた中年以降に歯周病が増えるのかという理由に迫りたいと思います。

歯周ポケットが広がる!?

歯周病になるかならないかは、歯周ポケットの広さや深さと大きく関係しています。歯周ポケットとは、歯と歯肉の間の隙間です。舌で触ってみても歯周ポケットにどのくらいの広さがあり、深さがあるのかはわかりません。ただ、歯周ポケットの広さや深さは、歯によって、人によって、そして年齢によって異なります。

歯周病は、主に歯周ポケットから細菌が入り込むことで起こる病気ですから、歯周ポケットが広ければ広いほど歯周病が起こりやすくなります。また、歯周ポケットの深さは考えられている以上に深く、細菌が歯周ポケットの奥深くで増殖すると、歯周病の発症リスクはますます大きくなります。

歯周病を発症するまでの子の一連の流れを見ると、年齢を重ねると歯周ポケットが広がっていくと読み取ることもできます。そして実際、年齢によって歯周ポケットが広がりやすいという傾向もあります。

年齢とともに歯周ポケットが広がる理由

年齢を重ねると、私たちの骨や弱くなったり筋肉が落ちたりしていくことは、ごく自然なことです。そうした運動能力に現れる部分だけでなく、肌の老化や脳の老化といった現象は極めて自然なことです。これと同じように、口の中の環境も年齢を重ねるごとに徐々に変化していきます。特に顕著なのが、歯肉の衰えです。

歯肉の衰えはどのような形で現れるのかというと、歯肉が下がる、歯肉が痩せるなどと表現される現象として現れます。つまり、歯が表面に見える部分が広くなり、歯全体が長く見えるようになります。かなりご高齢の方が歯を見せて笑ったときに、歯がすごく長く見えることがありますが、これは歯肉が痩せて下がってしまった症例です。

歯は付け根にいくほど細くなっています。歯肉は歯の上部の太い部分にフィットするようなサイズになっていますから、歯肉が下がるとどうしても歯の太さに対して歯肉がブカブカになってしまうのです。つまり、歯周ポケットが広がってしまうことになります。これが、加齢と歯周ポケットの関係になります。

若いうちから歯肉を引き締めて歯周病を予防する!

歯肉が痩せて下がってくると、どうしても緩みが生じ、その部分が歯周ポケットの広がりの部分になってしまいます。ですから、歯周病を予防するためには、歯肉の引き締めが非常に重要になってきます。これは若い人もまったく同じです。若い人であっても、歯肉のマッサージを行うことによって歯肉はより引き締まってきますので、それだけ歯周ポケットは広がりにくく、歯周病も発症しづらくなります。

年齢を重ねれば、どうしても歯肉は痩せて下がってきますが、しかし継続的に歯肉をしっかりと引き締める口腔ケアができていれば、歯肉の低下を遅らせることができるのです。そういった意味では、若いうちから歯肉を引き締めるための口腔ケアを継続することが望ましいといえます。

歯周ポケットの広がりを遅らせるための口腔ケア

まずは、口腔内の清潔を保つことが大前提になります。これは、幼少期に歯磨きの重要性として学ぶことが多いです。基本中の基本ですが、大人になると子供のころ当たり前にできていたことができなくなってしまうこともありますので、改めて、歯磨きの重要性を認識していただきたいと思います。

そして、歯肉を引き締めるためには歯肉マッサージを行い、歯肉の血行を促進することが重要であるといえます。歯肉マッサージは、できるだけ柔らかい毛の歯ブラシを選んで、歯だけではなく、歯肉も軽くマッサージしてあげるイメージで行います。このときに力を入れすぎてしまうと、逆に歯肉が痩せる原因になってしまいますので、この点には注意が必要になります。

また、歯間に残ってしまった食べかすが虫歯や歯周病の原因になることもありますので、歯間ブラシで食べかすを除去することも大切です。その際に、歯間の歯肉のマッサージ効果も期待できますので、歯周病予防の効果も上がります。

歯は一生必要な、私たちの生命維持活動を考える上で一番の基礎となる重要なパーツです。そして、歯を支えているのは歯肉ですから、歯を一生失わないためには、歯肉のケアが重要になるのです。歯と歯肉の健康を意識して日々の口腔ケアを行っていただきたいと思います。

Top