口腔ケアをしっかりして歯周病を防げば、糖尿病も予防できる!

生活習慣病の症状、予防方法、治療方法、データを知り、生活習慣病と向き合いましょう!
    

糖尿病と歯周病の関係

今回のテーマは、歯周病が糖尿病の発症リスクを高めるということです。ただ、糖尿病と歯周病の関係はそんなに単純ではありません。実は、糖尿病に罹患すると歯周病の発症リスクや進行リスクが高まるという統計的データもあるのです。つまり、糖尿病と歯周病には、双方向の作用(悪影響)が起こるということが前提になります。

糖尿病と歯周病の明確な因果関係は解明されていませんが、少なくとも双方向に作用しあっているということはデータからほぼ明らかであろうと推測されます。今回は、まずは歯周病を予防することで糖尿病の罹患リスクを少しでも軽減しましょうというスタンスでお話していきます。

歯周病になると血糖値が上昇しやすくなる

糖尿病という生活習慣病は、血糖値が常時高いという症状が主な症状です。実際に怖いのは、糖尿病の合併症を発症してからですが、糖尿病という生活習慣病を定義するならば、やはり血糖値が高い病気であるということになります。

つまり、歯周病を発症すると糖尿病になりやすいということは、歯周病は血糖値を上昇させるリスクを高めることを意味します。では、なぜ歯周病が血糖値を上昇させやすくなるのでしょうか?この点について、現在わかっているところまでお話します。

歯周病とインスリン抵抗性の問題

血糖値が上昇する理由はいろいろ考えられます。ただ、直接的な原因となるのが、血糖値の上昇を食い止める役割を担うインスリンの分泌量が十分でないことです。インスリンは、血糖値の上昇を抑制するたった1つのホルモン物質です。つまり、血糖値が上昇するいろいろな要因がある中で、最終的にはインスリンの分泌量の低下は必ず起こっていると考えられるのです。

この問題を、インスリン抵抗性の問題と呼びます。歯周病を発症すると、インスリン抵抗性の問題が起こりやすくなるのです。このことは、歯周病という病気が歯周病菌と呼ばれる細菌によって引き起こされていることと大きく関係しています。

細菌とインスリン抵抗性

歯周病菌は細菌であり、歯周病は歯周ポケット内部および周辺部の細胞組織の損傷ですから、歯周病を発症すると、歯周病菌が血管内に入り込むリスクが常々つきまとうことになります。大量に歯周病菌などの細菌が血中に流れ込むと、敗血症などの感染症とほぼ同等の症状である菌血症という重い病気を発症することもあります。

少量の細菌であればすぐに菌血症を発症することはありませんが、ただ、身体の危機管理能力(免疫力)は強化されます。その危機管理能力のひとつにインスリン抵抗性が含まれます。結果的に、細菌感染によって血糖値が上昇しやすくなるのです。その細菌が歯周病菌であったとしても、インスリン抵抗性の問題が生じるリスクは高く、血糖値の上昇は同じように起こりやすくなります。

歯周病から糖尿病を起こさないためにすべきこと

歯周病から糖尿病を起こさないにすべきことは、口腔ケアです。歯周病にならなければ、少なくとも歯周病菌が原因で起こる糖尿病のリスクは限りなく小さくなります。であれば、歯周病を起こさないための口腔ケアをしっかりと行うことが何より重要です。

基本的な歯磨きはもちろんですが、歯間ブラシを活用したり、やわらかい毛の歯ブラシをつかって歯肉をマッサージングしたりといった口腔ケアによって、歯周病のリスクは軽減されます。また、定期的に歯科検診を受け、歯石除去の掃除をしてもらうことも大切です。

これらはどれも口腔ケアの基本中の基本といえますが、難しいことは考えず、こうした基本をしっかり押さえることで、歯周病の予防を実践することは可能です。そしてそれが、糖尿病の発症リスクを軽減させることも可能にするのです。

糖尿病が原因で起こる歯周病

糖尿病と歯周病とは双方向に作用しあっていますので、今度は糖尿病から歯周病という方向で少しお話しておきます。例によって完全に解明されていない部分もありますが、わかっている範囲でお話します。

糖尿病によって歯周病を発症し、歯周病が進行するリスクが高まる原因は、血糖値の上昇にあります。血糖値が上昇すると、唾液の分泌量が減り、口の中が渇きやすくなります。唾液には強い殺菌作用がありますので、唾液の減少が口内細菌の増殖のリスクを高めます。また、口がかわくと唾液を分泌させるために甘いものや味が濃いものを摂取しようとする傾向が高まります。これによって、糖分の過剰摂取が起こり、歯周病が起こりやすくなるとも考えられています。

また、血液も唾液も体分泌液ですから似通ったところがあり、血中の糖濃度が高まることで唾液中の糖濃度も多少高まります。これが歯周病を助長するとも考えられています。さらに、高血糖の状態では細菌に対する抵抗力が減少します。ここでいう抵抗力の減少は、唾液の減少とは無関係です。このことも、口内細菌を増殖させる原因であると考えられています。

以上が現段階でわかっている、もしくは推測されている、糖尿病から歯周病を発症・進行させる原因です。ただ、糖尿病になったからといって、必ず歯周病を発症するわけではありません。上記でお話したように、口腔ケアをしっかりと行うことによって、糖尿病による歯周病の発症や進行は食い止めることができます。糖尿病患者の人は、ぜひ口腔ケアにこれまで以上の注意を注いでいただきたいと思います。

どちらも生活習慣病だけに、微妙にリンクしあっている

糖尿病も歯周病もどちらも生活習慣病を代表する疾患であるといわれます。それだけに、どちらもその発症プロセスは微妙にリンクしあっているところもあります。たとえば、糖分の過剰摂取は肥満から糖尿病へのリスクは高まり、虫歯や歯周病のリスクも高めます。喫煙習慣がある人は、歯肉への悪影響から歯周病へと進行していくことも多く、また、データ上は糖尿病罹患者には喫煙者が多いということもわかっています。

このことと、糖尿病と歯周病とが双方向に作用しあっていることとは決して無関係ではありません。ただ、このことが逆に歯周病予防、そして糖尿病予防を考える上で大きなヒントにもなっているのです。どういうことかというと、糖尿病と歯周病とでリンクしあっている部分をすべて排除すれば、糖尿病も歯周病も同時に予防することができるかもしれないということです。

そもそも、歯周病にしても糖尿病にしても、絶対に予防しなければならない生活習慣病です。つまり、それだけ危険度が高い生活習慣病であることを意味します。しかも双方向に作用しあう性質があるわけですから、どちらか一方の予防を行う際に、他方の生活習慣病のリスクを考え、他方も同時に予防しようと考えることはむしろ自然であるといえます。

将来の健康を損なうおそれがある糖尿病や歯周病は、互いの関係性を知ること、予防の意識を相乗的に高めることができるのかもしれません。

Top