食生活に注意をして、年末年始の時期の体重増加を回避しよう!

生活習慣病の症状、予防方法、治療方法、データを知り、生活習慣病と向き合いましょう!
    

楽しくもおそろしいのが年末年始の時期

1年の中で、どの時期が一番好きかと訊かれると、やはりなんといっても冬、そして長い冬の中でも年末年始が好きという人が、数的には最大ということになるのではないでしょうか。

年末年始といえば、クリスマスやお正月をはじめ、忘年会に新年会など、さまざまなイベントが目白押しですから、気分的にも寒さに負けない楽しい気持ちになることが多いです。そしてまた、そうしたイベントのたびにおいしいお料理やお酒にありつけるというのも、年末年始の大きな楽しみということになるでしょう。

また、仕事もたいていお休みですから、ゆっくりできるというのも年末年始ならではということで、心身ともにリラックスできるのは、1年の中でも年末年始くらいのものなのではないかという気がします。

しかし、そうした楽しい雰囲気の時期ではあるものの、年末年始のイベントが終了して仕事始めともなると、とてもおそろしい事実に気づく人も少なくありません。そうです。おいしいお料理をたくさん食べ、おいしいお料理をたくさん飲んで、体重が急激に増えてしまった・・・というパターンは、毎年のように経験することになってしまう人は多いはずです。

ただ、そうした傾向が見られるのは、すべき工夫がちゃんとできていないという理由が考えられます。というよりも、すべき工夫をしっかりと行うことによって、毎年のように年末年始だけ体重が増えてしまうなどという、ちょっと考えたら明らかに理不尽な傾向を解消することができるのです。

もちろん、年末年始くらいは体重が増えるのもしかたがないと割り切っている人もいると思います。本人が割り切っている以上は他者がとやかくいうまでもないでことではあるでしょう。しかしながら、肥満や糖尿病をはじめとする生活習慣病のリスクが高まってしまうということに対しては、たとえ第三者とは言っても、やり過ごすわけにはいかないというのが正直な気持ちです。

ということで、今回は年末年始に体重を増やさないための工夫について考えていきたいと思います。

年末年始に体重が増える原因の一端はおせち料理にあり!

年末年始に体重が増える原因の大部分は、上記でお話したとおり、さまざまなイベントがあって、気分的にも非常に盛り上がり、おいしいお料理やお酒を食べて飲んでの毎日で・・・という食生活の乱れにあるといえます。しかし、これについても上でお話しましたが、年末年始の生活にほんの少し工夫を加えることで、体重が増えしまうことを回避できるのです。

年末年始に体重が増えてしまう原因の一端は、おせち料理にあると考えられます。お正月といえば毎年必ずおせち料理を食べるという人も多いと思います。おせち料理というのは、今の日本の食事事情を考えるとそこまで豪華なイメージはないかもしれませんが、しかし、やはりお正月ということで、きらびやかな重箱の中に高カロリーの食材が並んでいるイメージが強いです。

また、おせち料理というのは、比較的塩分が強い食材が並ぶという特徴もあり、そのあたりが生活習慣病のリスクを高める原因になります。お正月ですから、どうしてもお酒がすすむお料理になるのは仕方がないところなので、やはりおせち料理は塩分が強くなりがちなのです。

しかも、糖分やその他調味料による濃い味付けも加わりますので、どうしても食事が進みがちになり、食べ過ぎが起こります。また、食べ過ぎるとどうしてもお酒の飲みすぎが起こりますので、おせち料理が主役となるお正月は、血糖値が上昇しやすく、肝臓も疲弊する時期なのです。

つまり、ひとことで言えば、年末年始はそれだけ生活習慣病のリスクが高まる時期なのです。まあそれはもちろん体重が増えてしまうということが当面回避すべきポイントではありますが、最終的には生活習慣病のリスクを高めることも間違いありません。

年末年始に体重を増やさないための工夫とは

食後高血糖を解消する方法としてもよく紹介される方法ですが、栄養の吸収スピードを緩やかにするためには、まずはある程度野菜を食べておいてから、おせち料理などいろいろなメニューを食べるという、食べる順番に気をつかう工夫が有効であると考えられます。

野菜には食物繊維が豊富に含まれていますから、胃に入っても簡単に分解されませんし、小腸に入ってからも簡単には分解されません。ですからそのあとでおせち料理のメニューを食べたとしても、高カロリーの栄養素や脂質が小腸で吸収されるのを野菜がうまくブロックしてくれるという働きがあるのです。つまり、野菜を先に食べることにより、太る原因を取り除くことができるようになるのです。

また、満腹中枢を刺激するためにも、噛む回数を増やすことが重要です、つまり、昔から言われることだとは思いますが、よく噛んで食べること、これが肥満を防止するための最も基本的な方法のひとつになります。

野菜の摂り方も重要!

野菜を先に食べればよいということであれば、おせち料理に入っている野菜を先に食べればそれでよいではないか・・・というふうに考えるかもしれません。しかし実を言うと、その発想は正直、あまりおすすめできません。というのも、上でも触れた通り、おせち料理でつかわれている野菜類には、非常に多くの塩分や糖分をはじめとする調味料がつかわれているからです。

味が濃いものは、たとえそれが野菜であったとしても、食欲を増進させてしまう効果があります。それゆえ食事に先立って味の濃い野菜を食べるというのは、年末年始の体重増加を懸念する人にはどうしてもおすすめすることができないのです。ただでさえ、お正月のお料理は量的に多くなりがちですから、さらに食欲増進の拍車をかけるような食べ方は、賛同できないことになるのです。

また、おせち料理につかわれている野菜というと、たとえば里芋だとか、栗きんとんだとか、さらには黒豆だとか、どちらかといえば野菜というよりも穀類に属するものが多く、炭水化物を過剰に摂取するリスクが高まります。そうなると、体重がますます増えやすくなるということも想像に難しくありません。

そもそも、これらの穀類に関しては、つかわれている調味料の影響もあって、カロリーが高くなりがちです。ですから、おせち料理につかわれている野菜、穀類はおすすめできないのです。

お正月といえばお餅!しかしお餅は高カロリーの代名詞!

お正月には、ご飯をあまり食べなくなるにもかかわらず、なぜか体重が増えてしまうのは不思議だ・・・と感じる人も少なくないと思います。しかしよく考えると、お正月には多くの日本人がお餅を食べることになるはずです。お餅を食べると、結局はご飯を食べているのと変わらなくなります。というよりも、実はご飯以上にお餅のほうが体重の増加が起こりやすいといえるのです。

というのも、お餅とご飯をくらべると、単位量あたりのカロリーは、お餅のほうがご飯の1.5倍のカロリーになるからです。つまり、お餅ひと切れを食べることによって、カロリー的にはご飯を1杯半も食べたことになるのです。そして、だいたいお餅というのは、1回の食事で3枚前後を食べることになるわけですから、ご飯にくらべてもはるかに多くのカロリーを摂取しているということになるのです。

みかんやお菓子など、甘いものにも要注意!

お正月というと、時期的にもどうしても甘いものを摂取しやすくなります。たとえば、みかんなどはそのおいしさからついつい手が伸びてしまうものです。体重が増えるという意味で言えば、正直みかんの摂取もあまりおすすめできません。もちろん、1回の食事のたびに1個のみかんを食べるという程度であればほぼ問題がないといえますが、ついつい手が出てしまうのがみかんですから、注意しておく必要があります。

また、お正月の直前にはクリスマスがあり、クリスマスといえばクリスマスケーキが思い浮かびます。ケーキやお菓子というのも、どうしても年末年始の時期には摂取量が増えることになります。もちろん、お正月にも甘いお菓子類はよく口にすることになるという人は比較的多いでしょう。

ですから、年末年始の時期に体重を増やさないようにするためにも、できることならフルーツにしてもお菓子にしても、食べ過ぎは控えなければならないということになるのです。

年末年始におすすめの料理とは

せっかくの楽しい年末年始で、しかも楽しいだけではなく、おいしいお料理やお酒をたくさん飲むことができる年末年始であるのに、アレはいけないとかコレもいけないなど、お読みいただいている方からすれば、そんな年末年始なら普段通りの食生活のほうがマシだと感じる人も多いかもしれません。

そんな人には、時期的なことを考えてもかなりおすすめできる料理があります。それは、特に魚介系の鍋料理です。鍋料理であれば、まずは身体が温まりますし、野菜中心のヘルシーな食材を鍋に投入できるということで、年末年始の時期には比較的おすすめのお料理ということになります。

Top